めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

表面処理関連の名称についてに関するお問合せ

すき間腐食とは、どのようなものですか?

すき間腐食について教えてください。

すき間腐食(Crevice Corrosion)
金属と金属、あるいは金属と非金属の合わさった、
すき間部が優先的に侵食される現象で、不働態金属に
生じやすい。ステンレス鋼配管のフランジ面のガスケッ
ト部に形成される「すき間」に生じるのが典型的な例で
あるが、異物の付着、貝類の付着によって形成される
「すき間」にも生じる。

すき間腐食は、すき間部が酸素欠乏し、通気性のよい
部分との間に酸素濃度の濃淡を生じ、その間に活性一
不働態電池が構成させて起こるものと考えられている。

「もらい錆」による腐食は生成したさびが流れてきて
配管などに付着し、それが起点となって腐食が進行する
「すき間腐食」を指すものと考えられるが、腐食科学では
この用語は十分定義されていない。

このような意味で、気/液界面の水線部で生じる
「水線腐食(Waterline Attack)および給水管内面に生じる、
さびこぶ(Tu-berculation)なども酸素濃淡電池機構による
ものである。

(引用文献 金属の腐食事例と対策)

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP