めっきQ&A


●ボンデライト法(ボンデライジング)とは?

ボンデライト法とは、どのような処理でしょうか?


鉄鋼化成処理で、リン酸マンガン(リューブライト)
を使うパーカーライジング法の改良法をいいます。

1930年頃、アメリカのR.R.Tannerが処理液に少量の
リン酸銅を加えてリン酸塩皮膜の生成を加速させました。
皮膜は少量の銅を含むため赤褐色で、塗装下地として
優れています。

アルミニウムの化成処理の場合は、リン酸クロム酸を
主体とする液と、クロム酸を主体とする液、けいフッ化
マンガンやフッ化カリを含む液で処理する方法があります。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP