めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

表面処理関連の名称についてに関するお問合せ

ボンデライト法(ボンデライジング)とは?

ボンデライト法とは、どのような処理でしょうか?


鉄鋼化成処理で、リン酸マンガン(リューブライト)
を使うパーカーライジング法の改良法をいいます。

1930年頃、アメリカのR.R.Tannerが処理液に少量の
リン酸銅を加えてリン酸塩皮膜の生成を加速させました。
皮膜は少量の銅を含むため赤褐色で、塗装下地として
優れています。

アルミニウムの化成処理の場合は、リン酸クロム酸を
主体とする液と、クロム酸を主体とする液、けいフッ化
マンガンやフッ化カリを含む液で処理する方法があります。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP