めっきQ&A


無電解ニッケルめっき後に硬質クロムめっきをすると剥離するのは?

一般的にニッケルは不動態化する傾向にありますので
活性化処理が必要です。
この活性化処理が弱いか、妥当では無かったと考えられます。

また、無電解ニッケルめっきの皮膜は硬度が高く
その上にもっと硬度の高い硬質クロムめっきを施しますので
内部応力の関係で剥離したとも考えられます。

硬質クロムめっきのページはこちらから
無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから


キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP