めっきQ&A


無電解ニッケルめっきの硬度は?

無電解ニッケルめっきの硬度は、どれ位でしょうか?

無電解ニッケルめっきの硬度は、リンの含有率と
無電解ニッケルめっき後の熱処理によって異なります。

低リンタイプの無電解ニッケルメッキ硬度
(リン含有率1〜4%)
Hv700程度
熱処理後:(300℃:1時間)Hv1000程度

中リンタイプの無電解ニッケルメッキ硬度
(リン含有率7〜10%)
Hv500±50程度
熱処理後:(300℃:1時間)Hv1000程度

高リンタイプの無電解ニッケルメッキ硬度
(リン含有率11〜13%)
Hv500程度
熱処理後:(300℃:1時間)Hv1000程度

皮膜硬度になりますので、5μm厚程度の膜厚でも上記の
硬度になります。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP