めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき処理に関するお問合せ

ステンレスと硬質クロムめっき処理の相性について。

材質SUS430の先端部に高周波焼入れHrC50~55を施
してから硬質クロムめっき処理をしている製品と、
SUS304の品物とが接触するのですが、なぜかSUS430の
方が削れてきます。

そこで、高周波焼入れの上に硬質クロムめっき処理
は相性が悪いのか教えていただけないでしょうか?

また、対策があれば教えてください。
目的は耐磨耗性、耐疲労性、耐面圧性の向上です。

高周波焼入れされた製品に直接、硬質クロムめっき処理
を処理することは、難しくなります。
ニッケルストライク処理を実施してから硬質クロムめっき処理
をすることになります。

「SUS430が削れる」・・・というのは

「面粗さ」が関連してくると思われます。
硬質クロムめっき処理した製品の面粗さ、SUSの
面粗さをお教え頂けますでしょうか?

RaとRyなどになります。

この面粗さの影響によって「耐磨耗性」が変化いたしま
す。
憶測なのですが、SUS304、430の面粗さが粗い可能性がご
ざいます。

対策としまして、

 1.硬質クロムめっき処理前にバフ研磨やナシジを
   行い面粗さをコントロールする。
 2.どちらにも硬質クロムめっき処理を施す。

などが考えられます。

★硬質クロムめっき処理のページはこちらから。
▼バフ研磨のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP