めっきQ&A


無電解ニッケルめっきを熱した場合の防錆力は?

無電解ニッケルめっきを検討しているのですが、
部品を焼き嵌めするために約300℃くらいに熱します。
熱した後の防錆能力はどのようになるでしょうか?

劣化するのかそれとも剥離等をするのかお教え頂け
ませんでしょうか?


300℃付近の加熱による防錆力の違いはございません。
弊社でデータをとっている限りですと、

・無電解ニッケルめっきのみ
・無電解ニッケルめっき+熱処理330℃

上記2条件のテストピースを中性塩水噴霧試験(96時間)にて
試験をいたしましたが両社のレイティングナンバに違いはございませんでした。

ただ、無電解ニッケルめっき皮膜は
300℃以上で変色領域に入りますので、
若干、外観上の変色は確認できるかと思われます。

また、硬度もHv800以上と上昇いたします。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP