めっきQ&A


●硬質クロムめっき

硬質クロムめっきとは。

工業用クロムめっきともいう。

主として耐摩耗性をよくするために施した比較的厚い
(JISでは5μm以上と規定)クロムめっきのこと。

硬度はHv750〜1000位のものが用いれており、この硬度
は熱処理鋼、窒化鋼よりも高くなる

加熱されるとめっき皮膜中の水素の放出が起こり硬度が
低下し400℃以上では、硬度が急激に低下して耐摩耗性も
悪くなる。

切削工具にめっきすると切りくずが除去されやすくなり
なる。ロール、金型、シリンダおよびライナー、ピストン
およびピストンロッド、ピストンリング、シャフト、工具
などにめっきされる用途が多い。

hard chromium electroplating

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP