めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき加工処理に関するお問合せ

硬質クロムメッキ皮膜の耐熱温度とは。

硬質クロムメッキ皮膜の耐熱温度は何度位でしょうか。

現在、鉄の製品に硬質クロムメッキ加工処理をして
耐熱性を上げたいと考えております。

温度は400℃程度を常時かけていたいのですが
硬質クロムメッキ加工処理の皮膜自体に問題が
発生することはございますでしょうか?

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。


硬質クロムめっき皮膜の耐熱温度
純粋な金属クロムの融点は1860℃です。
また900℃前後で酸化皮膜を形成する可能性もあります。

実例では750℃までは問題ないことが確認できています。
故に耐摩耗性を維持した耐熱温度はおよそ1000℃前後と
予想されます。

詳細につきましては母材との兼ね合いもありますので断
言はできません。

母材との兼ね合いとは、母材自体に掛かる温度に
よって母材が歪み等を発生した場合、その上に処理
してある硬質クロムめっき皮膜が追従出来ずに割れたり
剥離する可能性があるということでございます。

★硬質クロムめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP