めっきQ&A


タフトライド処理後に硬質クロムめっきは可能か?

タフトライド処理は、塩浴軟窒化処理法のひとつで、
鋼材、鋳物を鉄の変態温度以下500~610℃程度の低温で
処理し、鉄中にN,C,O元素を浸透させます。

この化学反応が邪魔してめっきがつきません。

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP