めっきQ&A


A2000系の素材への硬質アルマイトの侵食度合い

A2000系のアルミニウム素材に硬質アルマイトを
行った場合、素材の表面の厚みはどのくらい増えるの
でしょうか?

侵食する割合はどのくらいなのでしょうか?

A5052に処理した場合には、約半分が侵食すると
考えておりますが如何でしょうか?

アルミニウムの合金材(A1000〜A8000)までは、
一般的な硬質アルマイト加工処理と同様で、

処理したい膜厚が増加いたします。
侵食する割合は約1/2程度です。

よってA2000系でもA5052でも基本的な考え方は
同じです。

硬質アルマイトのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP