めっきQ&A


P-in処理とB-in処理について

P-in処理は、皮膜にテフロンを共析させた硬度の高い処理です。
熱処理工程がございます。

B-in処理は、熱処理なしで硬度を高くする方法で
ボロンが1%含有している無電解ニッケルの皮膜です。

どちらも、無電解系のめっき皮膜になりますので皮膜均一性
がございます。

P-in処理のページはこちらから
B-in処理のページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP