めっきQ&A


アルミニウムに無電解ニッケルめっきしたが剥離する原因は?

アルミニウム材に無電解ニッケルめっき5μm厚を施した製品で、
約半年程度でめっき剥がれが発生しています。

使用環境としては屋外,雨水に濡れる,異種金属(SUS)と
接触している状況です。


原因は、いろいろ考えられますがご使用環境が
無電解ニッケルめっきでは、厳しい環境のために剥離
していると思われます。

また、SUS材と接触しているとのことですので電食
も可能性としてございます。

1.無電解ニッケルめっきの膜厚を20μm程度に変更する
2.SUSにも無電解ニッケルめっきを処理する
3.高リンタイプの無電解ニッケルめっきに変更する
4.無電解ニッケルめっき後にクロムメッキを処理する

上記は、めっきにおける対策であり、本来であれば屋外でも
使用出来るような高耐食性の表面処理の方が安全だと
考えられます。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP