めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

アルミニウム上の無電解ニッケルめっき皮膜の剥がれについて。

アルミニウム材(A5052)に無電解ニッケルめっき(Ni-P)
厚さ5μmを施した製品で,約半年程度でめっき剥がれが
発生しています。

使用環境としては屋外,雨水に濡れる,異種金属(SUS)と
接触している状況です。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

原因は、いろいろ考えられますがご使用環境がかな
り無電解ニッケルめっきでは、厳しい環境のために剥離
していると思われます。

また、SUS材と接触しているとのことですので「電食」
も可能性としてございます。

対策としては・・・

 1.無電解ニッケルめっきの膜厚を20μm程度に  
   変更する。
 2.SUSにも無電解ニッケルめっきを施す。
 3.他のめっき処理に変更する。
   例えば、リンの含有率を上げた「高リン無電解
   ニッケルなど」。
 4.アルミとSUSの下地に無電解ニッケルめっきを
   施し、「装飾クロムめっき」を最終的に実施
   するなど、積層めっきを施す。

▼無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
▼装飾クロムめっきのページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP