めっきQ&A


●銅材へのテフロン無電解ニッケルめっき処理について。

銅素材で高周波誘電加熱の電極として使用する時に
テフロン無電解ニッケルめっき処理を行って大丈夫でしょうか?

処理が施せない?
電気を通すのでしょうか?
剥がれ易くなる?

上記は懸念されませんでしょうか。

使用時の温度は100℃~150℃で使用します。
テフロン無電解ニッケルめっき処理しますと熱伝導性は
変化するのでしょうか?(熱が伝わりにくくなる?伝わらない?)


>  銅素材で高周波誘電加熱の電極として使用する時に
> テフロン無電解ニッケルめっき処理を行って大丈夫でしょうか?
> (処理が施せない?電気を通すのでしょうか?剥がれ易
> くなる?)

基本的に問題ございません。電気は通します。
密着性も問題ありません。

> 使用時の温度は100℃~150℃で使用します。テフロン
> 無電解ニッケルめっき処理しますと熱伝導性は変化するので
> しょうか?(熱が伝わりにくくなる?伝わらない?)

正確には、一般的な無電解ニッケルよりもテフロンが
皮膜に入る影響、熱伝達率は微妙に下がると思います。

また、素材の「銅素材」と比較されますと、断然、
銅素材の方が熱伝達率が優位でございます。

御社様が求めておられますニーズは、滑り性で
ございますでしょうか?
熱伝導性でございますでしょうか?
可能であればお教えくださいませ。

★テフロン無電解ニッケルめっき処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP