めっきQ&A


●P-in処理とB-in処理の基本的な違い。

樹脂成形金型に使用する表面処理として、高硬度、
耐久性、離型性を兼備えた表面処理を探しています。

そこで、御社のP-in処理、B-in処理に興味がありますが、
具体的にはどのような処理になるのでしょうか?

お手数ではございますがお教えくださいませ。

以上、宜しくお願い申し上げます。


どちらの処理も、無電解めっきなります。
よって、皮膜が均一に処理出来るめっき処理です。

P-in処理は、皮膜にテフロンを共析させた硬度の高い処理です。
熱処理工程がございます。

B-in処理は、熱処理なしで硬度を高くする方法で
ボロンが1%含有している無電解ニッケルの皮膜です。


★P-in処理のページはこちらから。
★B-in処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP