めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき処理に関するお問合せ

★硬質クロムめっき処理とクロムメッキの違いを教えて下さい。

硬質クロムめっき処理とクロムメッキの違いを教えて下さい。

200℃以上の場所でユニクロを施した部品にめっき皮膜の
剥がれが生じた為、クロム系のめっき処理に変更しようと
考えています。

剥がれない程度の膜厚で十分なのですが、一般的にクロムメッキだと
膜厚はどのくらいになるのでしょうか?

硬質クロムめっき処理とクロムメッキとどちらがいいのでしょうか?


> 硬質クロムめっき処理とクロムメッキとの違いを教えて下さい。

硬質クロムめっき加工処理・・・硬度が高い皮膜で
素地にダイレクトに、クロム金属を析出することが
出来ます。

膜厚は、3〜30μm厚程度が一般的ですが、それ以上
の膜厚でも処理することが出来ます。

クロムメッキ・・・下地に銅めっきやニッケルめっき処理後に、
装飾のクロムめっきを0.1μm厚と薄い皮膜を析出させます。

装飾と耐食性を目的とした処理です。

> 剥がれない程度の膜厚で十分なのですが、一般的に
> クロムメッキだと膜厚はどのくらいになるのでしょうか?

クロムメッキのクロム層は、0.1μm厚でござい
ます。

> 硬質クロムめっき処理とクロムメッキとどちらがいいのでしょうか?

200℃以上で安定性を求めるのであれば、硬質クロムめっき処理の方が
宜しいかと思います。

★硬質クロムめっき処理のページはこちらから。
★クロムメッキのページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP