めっきQ&A


硬質クロムめっきとクロムメッキの違いについて

硬質クロムめっきとクロムメッキの違いを教えて下さい。


硬質クロムめっきとは、硬度が高い皮膜で素地に
ダイレクトに、クロム金属を析出することが出来ます。

膜厚は、3〜30μm厚程度が一般的ですが、それ以上の膜厚でも
処理することが出来ます。

クロムメッキとは、下地に銅めっきやニッケルめっき処理後に、
クロムめっきを0.1μm厚程度と薄い皮膜を析出させます。

装飾と耐食性を目的とした処理です。

硬質クロムめっきのページはこちらから
クロムメッキのページはこちらか
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP