めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

SKD11への無電解ニッケルメッキ加工処理について。

SKD11に無電解ニッケルメッキ加工処理は、めっき加工処理
の、のりが悪く、剥がれやすいという話を聞きましたが、
本当でしょうか?

あと、SKD11の方が無電解ニッケルメッキ加工処理より硬度が
高いですが、剥がれの原因になることは考えられますか?

以上、宜しくお願い申し上げます。


弊社に関して申し上げますと、特に深刻な材質である
とは捉えておりませんが、理由があるとすれば、焼入れ
のされた材料のため表面の酸化皮膜が強固である

 (=めっき前処理の活性化が大変)

といった事になるのかと存じます。

同様に、レーザーカットなどがされた部材ですと、
局所的に高熱のかかった箇所(破断面等)のみ改質して
しまい密着不良が発生するケースがございます。

また、硬度との関係についてもですが、硬度を上げる方法
として多くの場合「熱処理」が用いられます。
酸素雰囲気での加熱ですと上述のように表面に酸化皮膜が
覆われますので、結果的に「硬い材料=めっきのしにくい材料」
という印象に繋がっております。

ただし、適正な前処理を実施すれば、SKD11の材料でも
無電解ニッケルメッキ加工処理は可能です。


★無電解ニッケルメッキ加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP