めっきQ&A


無電解ニッケルめっき後の光沢ばらつきについて

鉄にに3μm厚の無電解ニッケルめっきしています。

処理後の表面光沢にロット毎でばらつきがあり、鏡面状態
と梨地状態に分かれてしまいます。

この原因はどんなことが考えられますか?

ロット毎に色が異なっており製品として組み上げることが
出来ません。

図面ではどのようなめっき指示を記載されてますでしょうか?

鏡面となっている場合には、バフ研磨を実施してます。
梨地であるのであれば、梨地処理をしてます。

そこまでの違うがある訳でなく、光沢が若干異なるのであれば
無電解ニッケルめっきの光沢剤の影響です。

画像をお送り頂ければ判断をさせて頂きます。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP