めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

テフロン硬質アルマイト加工処理に関するお問合せ

テフロン硬質アルマイト加工処理の最小膜厚とは。

テフロン硬質アルマイト加工処理の最小膜厚を教えてください。

テフロン硬質アルマイト加工処理の特性と損なわない膜厚
を考えております。

ただし、あまり厚い皮膜ですと、製品精度に影響が出ます
ので最小膜厚にてお教え頂ければ幸いです。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

一般的には

 15μm厚〜50μm厚

にてテフロン硬質アルマイト加工処理が可能です。

よって、最小膜厚は15μm厚になります

ただし、材質や形状によって膜厚が変化する可能性
がございます。

可能であれば図面をお送りくださいませ。
詳細のお返事をさせて頂きます。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

★テフロン硬質アルマイト処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP