めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

亜鉛メッキ加工に関するお問合せ

亜鉛メッキ加工の黒色クロメート加工と四三酸化鉄との違いとは。

亜鉛メッキ加工の黒色クロメート加工と四三酸化鉄
つまり黒染メッキとの違いとは。

鉄材に黒色になるメッキ加工を探しております。

基本的に黒色になればそれでいいのですが、上記に
ついてお教えくださいませ。

以上、宜しくお願い申し上げます。

メッキ方法が違います。
亜鉛メッキ加工は、電気を使用して処理します。
四三酸化鉄(黒染メッキ)は、化学変化(電気を使用しない)
にて処理します。

耐食性を比較した場合、黒色クロメートと黒染メッキですと、
黒色クロメートの方が10倍以上錆びません。

めっき膜厚は、黒色クロメートは10~15μm程度で
す。黒染は、1~2μm程度です。

処理温度は、黒色クロメートが常温で、黒染は140℃
以上です。

★亜鉛メッキ加工のページは、こちらから。
★黒染メッキのページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP