めっきQ&A


アルマイトにおける封孔処理とは?

A5052材にアルマイト後に封孔処理をする指示が
あります。
この処理はアルマイト後にしなければならない処理でしょうか?

封孔処理にはどのような方法があるのでしょうか?

また、処理をする意味はどのような意味があるので
しょうか?

陽極酸化によって生成した多孔性皮膜の微細孔を封じ
耐汚染性、耐食性などの物理的、化学的性質を改善する
処理の総称で水蒸気封孔。沸騰水封孔、低温封孔などが
あります。

孔が開いたままですと指紋がついたりしますのでアルマイト後
すぐに実施します。

封孔処理をする意味は、着色アルマイト(カラーアルマイト)
などで染料を使用した場合に「染料の色」が抜けないように
蓋をするようなイメージで行います。

アルマイトのページはこちらから
硬質アルマイトのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP