めっきQ&A

  • google
  • シェア

よくあるご質問を投稿

アルマイト加工処理に関するお問合せ

白アルマイト加工処理とエアーパッキンにて保護するとシミが発生する。

A5052材に白アルマイト加工処理を施した製品がございます。
エアーパッキンで保護していたところ、製品に丸いシミが
付き落ちない状態になりました。

このシミを落とす方法は有るのでしょうか。

また、御社が保護材として使っている物はどんな物でしょうか。

原因を調査しているのですが、まったく解らない状態で
アルマイト処理をお願いした業者でも良い回答を
得ることが出来ません。

知見がございましたらお教えくださいませ。

正直申しまして「落とす方法」はございません。
一旦、今のアルマイト加工処理を剥離させる必要が
ございます。

恐らく、エアーパッキンの成分がアルマイト加工処理皮膜
にて生成されたポア(孔)に浸透してしまい「染み」
が発生したものと思われます。

まず、封孔処理(ふうこうしょり)がされているか?
をご確認くださいませ。

弊社では、お客様のご要望に応じて、エアーパッキンや
梱包材(エアーパッキン)を使用しております。

封孔処理がされていても同じような症状が出る場合には

 1.ちゃんとしたアルマイト加工処理がされているのどうか?
 2.梱包材に問題がないか?
 3.他のめっき処理に変更出来ないか?

などを検討する必要がございます。

★アルマイト加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP