めっきQ&A


硬質アルマイトの硬度について

アルミ材の経験がなく、まして硬質アルマイト自体
どのような物なのかわからないので的外れかも知れませ
んが下記の質問をさせて頂きます。

現在《アルミ5052:t2板》の表面に
《アルミ6063:平角棒t2×10》を摺動させる製品を
考えており《アルミ5052:t2板》が削れるのを防ぎたいと
思っています。

《アルミ5052:t2板》ブリネル硬さ68
《アルミ6063:平角棒t2×10》ブリネル硬さ60

ブリネル硬さで約13%のマージンをもう少し大きくした
く硬質アルマイト加工処理を考えたのですが効果はあるの
でしょうか?
効果があるとすればどれ位の効果があるのでしょうか?
(皮膜の厚みは0.1mm位でも支障ないです。)

硬質アルマイトで効果はございます。
滑り性も視野に入れるのであれば、テフロン硬質アルマイト
も有効かと思います。Hv350程度となります。

さらに硬度が必要でございましたら

 無電解ニッケルめっき→熱処理 

がお奨めでございます。Hv1000近くの硬度になります。

硬質アルマイトのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP