めっきQ&A


●300℃環境でクリーン対応のSUS黒染メッキ。

300℃の熱処理炉の中で使用するSUS304・SUS316L
を黒くして使用したいのですが、どのような処理が可能で
しょうか教えて下さい。

300℃の環境に常温のワークを投入するので100~300℃
の温度サイクルが頻繁に発生します。
又、クリーン度はClass10であり、剥離は許されません。

以前、相手はアルミだったのですがレイデント処理をした
時に剥離してクレームになったことがありますので剥離が
ないことが絶対条件です。
良い方法を教えて下さい。

300℃の熱処理炉の中で使用するSUS304・SUS316L
を黒くして使用したいのですが、どのような処理が可能で
しょうか教えて下さい。

300℃の環境に常温のワークを投入するので100~300℃
の温度サイクルが頻繁に発生します。
又、クリーン度はClass10であり、剥離は許されません。

以前、相手はアルミだったのですがレイデント処理をした
時に剥離してクレームになったことがありますので剥離が
ないことが絶対条件です。
良い方法を教えて下さい。

------------------------------------------------

SUS専用の黒染加工処理が可能性としてございますが、
黒い粉のようなものが発生いたします。

よって、上記の温度環境ですと可能性として

1.ブラックステンコート
2.黒無電解ニッケルめっき処理
3.黒クロムめっき

一度試作処理をして頂き、ご評価頂く事になります。

★ブラックステンコートのページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP