めっきQ&A


●圧縮コイルバネ(SUS304-WPB)へのめっき処理とは。

圧縮コイルバネ(材質:SUS304-WPB)の耐食性向上、
主に塩素系薬液を図るには、どのようなめっき処理が
よいのでしょうか?

ちなみにバネメーカーからは三価クロムメッキの指定が
あったのですが、クロムは侵食されるのではないかと思い、
戸惑っております。

無電解ニッケル系のめっき処理が宜しいかと思います。
テフロン系もございますし、単純に無電解ニッケルめっきでも
宜しいかと思います。 リンが含有する為です。

ただ、めっき厚に関しましては打合せが必要と存じ上げ
ます。

3価クロムめっきですと、対応出来る業者様が少ないの
とコスト的にも高価ですし、耐食性にも心配がございます。

RoHS指令に抵触しないという意味でもテフロン無電解ニッケルめっき処理
はお奨めでございます。

★無電解ニッケルめっき処理のページはこちらから。
★テフロン無電解ニッケルめっき処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP