めっきQ&A


★めっきとは?

漠然としてますが、めっきとはなんでしょうか?

【めっきとは?】

 1.製品に美観を与え(金めっきやピカピカのめっ
   き)
 2.製品の錆を防ぎ
 3.摩耗や硬度を高くし
 4.製品に必要とされる付加価値(機能)を

付与する技術です。

【めっきの方法】

湿式(めっき液の中に浸漬させる)タイプと乾式(物理
的作用で)があります。

湿式タイプも電気を使用する方法(電気めっき法)と電
気を使用しない(化学めっき法)とがございます。

【電気めっき法】
 
金属塩の水溶液から、外部電流による電気化学的に加工
物表面(陰極)への金属を還元析出させるもので
Zn、Cd、Sn、Ni、Co、Fe、Cu、Crなど
の重金属やAg、Au、Rhなどの貴金属に至るまで広
範囲の金属のめっきが可能です。

電気めっきによる皮膜は、比較的薄い膜厚でも緻密な析
出層となるので多彩な金属質感得られ耐食性も優れます。

デメリットとし、皮膜厚さの均一性にかける。形状に
よっては、めっきがつき難い箇所が発生する。などがご
ざいます。

【化学めっき法】
 
電気を使用することなくめっき液中の金属イオンを化学
的に還元析出する方法です。
一般的には無電解めっきと呼びます。自触媒型と非自触
媒型があります。実用化されております化学めっきの
金属は、Ni、Cu、Sn、Auなどがあります。この
めっき法の特長は皮膜が均一に析出することです。
一部の材質を除き金属から非金属に処理をすることが出
来ます。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP