三和メッキ工業株式会社

めっきQ&A > 亜鉛めっき > ラック法とバレル法の工程

戻 る

ラック法とバレル法の工程

ラック法とバレル法の工程。

ラック法とは、引っ掛けめっき法、静止めっきともい
います。被めっき物(製品)を引っ掛け(ラック)に個
々に取り付けて陰極棒(ブスバー)に吊り下げてめっき
する方法です。

バレル法とは、小さな孔を沢山開けた合成樹脂製の樽(バレル)
の中に被めっき物を入れて、めっき液に浸漬し、樽を回転させながら
めっきする方法です。

大きさ、形状、製品の要求事項により使い分けをしま
す。バレルは、製品を回転するため、キズ、ダコンが発
生しやすいです。一般的には量産で価格が安くしたい場
合(小物に限りますが)バレルを選択されます。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

0120-133-103

営業時間:午前8:30~12:00/午後13:00~17:00

MAIL
info@sanwa-p.co.jp