三和メッキ工業株式会社

特性:防錆

特性一覧へ

特性:防錆

めっき処理を施す一番の特徴が「防錆(耐食性)」でございます。素材に金属を電解、無電解にて析出することにより、素材を腐食から防御いたします。一般的なめっき処理としては、亜鉛めっき装飾ニッケルクロム無電解ニッケルなどが代表的な処理となります。

腐食が問題となるのは、金属は酸素、水分および塩分などの腐食環境下で使用されるためでございます。 金属の腐食域、安定域(不動態・弱塩基)および不活性域(卑な電位)はプルベの電位-pH図より理解できるので、この熱力学的な理論を応用して防食が行われます。

鉄の防食法としては、鉄の電位を不活性域へ移行させる(カソード防食)、または不動態域へ移行させる(アノード防食とpH調整)ことで達成できます。(下記図参照)。

アノード防食とpH調整

ニッケルクロム
亜鉛めっき
0120-133-103

営業時間:午前8:30~12:00/午後13:00~17:00

MAIL
info@sanwa-p.co.jp