装飾クロムめっき加工処理めっき加工

装飾クロムめっき加工処理は表面がピカピカに仕上げることができますので「外観性」をよくしたい場合にむいています。「耐食性」にも優れているので自動車部品、機械部品に利用されています。

  • google
  • シェア

装飾クロムめっき加工処理とは?

装飾クロムめっきは、主としてニッケルめっきの保護膜として、また、クロムめっき皮膜の高度光沢と特有の色調が活用されています。皮膜自体は、 0.1~0.5µmと薄い皮膜です。

  • 装飾クロムめっき加工処理写真
  • 装飾クロムめっき加工処理写真
  • 装飾クロムめっき加工処理写真
1.他の呼び方
ニッケルクロム、NiCr、白上げ、装飾用クローム、装飾Cr、装飾用Cr
JIS H 8617
対応英語:
decorative chromium plating
2.その他のめっき
光沢をあまり必要とせず、硬度が必要な場合は、硬質クロムめっき加工処理をお奨め致します。
  • 装飾クロムめっき加工処理写真
  • 装飾クロムめっき加工処理写真
  • Facebookでもご覧いただけます
  • お問合せはこちら

装飾用クロムの特徴

  1. 素材自体にバフ研磨を行うことにより「外観性」が向上します。
  2. 「光反射性」「熱反射性」に優れています。
  3. 「耐食性」に大変優れています。

装飾用クロムの使用例

  1. 表面を「ピカピカ」に仕上げたい製品。
  2. ニッケルめっきよりも「耐食性」を向上させたい製品。
  3. 自動車部品、機械部品。

付加価値提案

  • ROHS指令抵触せずにめっき加工処理をする事ができます。
  • 面粗さを調整する事ができます。
  • 部分的にめっき加工処理を施す事ができます。
  • 寸法精度を維持する事ができます。
  • 複雑な形状でも均一な皮膜を析出させる事ができます。
  • 膜厚を測定する事ができます。
  • 鉄以外の素材も処理する事が可能です。

例:複雑形状のため、均一に処理が施されていないが、均一に処理する事は出来ないかなどの案件も、⇒洗練された技術力で解決した実績がございます

※詳細につきましては、弊社までお問い合わせください。
また、上記以外の付加価値を加えたい場合でも、ご提案できる可能性がございますのでお問い合わせください。

金属クロムの特性
融 点 1800~1950ºC
沸 点 2482ºC
電気抵抗率 125nΩ・mat20ºC
熱膨張係数 6.2×10 -6deg-1 20ºC
熱伝導率 93.7W/(m・K)at27ºC

装飾クロムめっき加工処理に関するめっきQ&A

めっきQ&A一覧へ

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~18:00

PAGETOP

PAGETOP