亜鉛めっき

亜鉛めっきとは、電気亜鉛めっき加工と溶融亜鉛めっきとございます。
電気亜鉛めっきとは、防錆力が高く、錆びにくいメッキ処理です。
外観性にも優れるめっき処理です。
鉄素地を亜鉛めっき浴に浸漬して電解することによって亜鉛皮膜を生成する方法で、亜鉛めっき加工後 にクロメート処理を施し鉄素地の錆びを防ぐ為のメッキ処理です。
鉄よりもイオン化傾向の大きな亜鉛めっき皮膜が優先的に腐食することで、鉄の腐食を制御する作用も あります。
クロメート処理の進歩によって外観性能、装飾的用途での評価が高まっております。 弊社では、ROHS指令に抵触しない、三価クロメート、一般的な、六価クロメートを手掛けております。 手法は、引っ掛ける方法とバレルによるメッキ方法にて対応しております。

溶融亜鉛めっきとは、鉄素地をメッキ液に浸漬して溶融金属の亜鉛を表面に付着させた後に冷却する 方法です。
これにより鉄素地に皮膜を作り、錆びなどから鉄素地を守ります。
溶融亜鉛めっきは、電気亜鉛めっき加工に比べて皮膜が厚くなるのが特徴です。
また、どのような形状でもメッキが可能なのが、溶融亜鉛めっきの利点です。
溶融亜鉛めっき処理をした場合には、クロメート処理の必要はございません。
弊社では、溶融亜鉛めっきは、取り扱いがございませんのでご了承くださいませ。

めっき処理

  • 亜鉛めっき加工処理写真
  • 亜鉛めっき加工処理写真
  • 亜鉛めっき加工

亜鉛めっき加工とは?

亜鉛めっき加工後の皮膜自体の耐食性を長期間維持させるために、亜鉛めっき皮膜の表面に 「クロメート処理」を施すのが一般的であり鉄の防錆としては代表的なメッキ加工処理方法です。 両性金属ですので、大気中にて塩基性炭酸亜鉛などのいわゆる「白サビ」を発生して比較的早く腐食してしまう為です。 また、亜鉛めっき皮膜の上から塗装を行う場合には、クロメート処理を行わない場合が 一般的です。 クロメート皮膜にて耐食性を持たせるのではなく、塗装にて素材を守ります。 亜鉛めっき皮膜には「犠牲的防食作用」という特徴があり、皮膜にキズ等がついても修復させる 機能があるので、安心して防錆(錆び)対策に使用出来るメッキ処理です。

亜鉛めっき加工を施した素材は、15〜30℃の温度で錆びを防ぐ特性を持っており、常温での耐食性に適しております。

また、亜鉛めっき処理液は、ジンケート浴、シアン浴などがあり、弊社のジンケート浴の場合には常温でメッキ処理を行う為、素材の変形や反りは発生いたしません。

【亜鉛めっき加工の特徴】

1.機械加工された比較的複雑な形状の素材にも、ほぼ均一な厚さでメッキ処理をする事ができ量産処理も問題なく対応する事が出来ます。

2.中性の環境では、不動態領域が存在し耐食性が良好で、pH8〜12の領域における腐食がとくに少なく大気中の腐食速度は、鉄の約1/100と極めて遅いです。

3.鉄に対する「犠牲的防食作用」が強い為に、メッキ面にキズ等がつき鉄素材が一部露出しても防食する事が出来ます。

4.亜鉛めっき加工の後処理としてのクロメート皮膜が亜鉛の白錆発生を長期間防ぐため、上記1〜3との相乗効果により、他の防錆メッキ処理と比較してその防錆効果は、はるかに優れたものになります。

5.他のメッキ処理と比較して、低価格でメッキ処理が可能です。

6.亜鉛めっき加工の皮膜は厚みは薄いので、塗装等にみられるネジ・切削面などのマスキング処理を省略する事が出来ます。

7.メッキ後の二次加工性に優れています。

クロメート処理は、特別の場合を除き、すべての亜鉛めっきの後処理をして行われます。

クロメート処理液は通常、クロム酸と鉱酸とが基本的な浴成分となっています。

このような液に亜鉛めっき皮膜を浸漬すると、亜鉛の表面が酸になって一部溶解し、そのためクロムが 還元されると同時に、表面近傍のpHが上昇し、クロムを主とした塩や酸化物、水和物などの複雑な化合物が表面に沈着して皮膜を形成します。

これがいわゆるクロメート皮膜と言われるものです。

皮膜中に六価クロムが多いときは有色皮膜となり、三価クロムが多い場合には無色の皮膜が得られます。

クロメート皮膜の種類に応じて、膜が厚くなるほど耐食性が増します。クロメート皮膜の薄いものは、殆ど透明あるいは、わずかに青味を帯びるもので、光沢クロメート(ユニクロ)と言われており、耐食性を問題にしない製品の仕上げに用いられております。クロメート皮膜の青味も耐食性耐食性に寄与しないわけではありませんが、やはり淡黄色クロメート、黒色クロメートの方が圧倒的に強くなります。

亜鉛めっき加工のクロメート処理には以下の種類があります。

■六価クロメートとして、光沢クロメート(ユニクロ)、有色クロメート(クロメート処理)、黒色クロメート

■三価クロメートとして、光沢クロメート(ユニクロ)、有色クロメート(クロメート処理)、黒色クロ メート(RoHS指令に抵触しません。)

1.他の呼び方
電気亜鉛メッキ、電解亜鉛メッキ、電気Zn、電解Zn
JIS H 8610
対応英語:
electro zinc plating
2.後処理の他の呼び方
  1. ユニクロ:
    光沢クロメート、CM1、クロム酸処理、ユニクロム、ユニクローム、装飾クロメート、中和クロメート、ユニクロメート
    JIS H 8625
    対応英語:
    Chromate treatment , Unichrome ,Bright Chromate treatment
  2. クロメート:
    有色クロメート、ジンクロ、CM2、クロム酸処理、耐食クロメート、未中和クロメート、黄色クロメート
    JIS H 8625
    対応英語:
    Chromate treatment , coloured chromate conversion coating
  3. 黒クロメート:
    黒色クロメート、黒亜鉛
    対応英語:
    black chromate
    黒クロムめっきよりも安価で、耐食性が良好です。
  • ユニクロ
  • クロメート
  • 黒クロメート
  • お問合せはこちら

亜鉛めっき加工技術の特徴

  1. 機械加工された比較的複雑な形状の素材にも、ほぼ均一な厚さでめっきすることができ、量産加工も問題なく処理できます。
  2. 中性の環境では*不動態領域が存在し耐食性が良好で、pH8~12の領域でおける腐食がとくに少なく大気中の腐食速度は鉄の約1/100ときわめて遅いです。
  3. 鉄に対する犠牲的防食作用が強いために、めっき面にキズがつき鉄面が一部露出しても防食することができます。
  4. 後処理としてのクロメート皮膜が亜鉛の白錆発生を長期間防ぐため、1~3との相乗効果により、他の防錆処理に比べてその防食効果は、はるかに優れたものになります。
  5. 他のめっき処理に比べ、低価格でめっき処理ができます。
  6. 塗装等にみられるネジ・切削面などのマスキング作業を省略することができます。
  7. めっき後の二次加工性に優れています。
    ※不動態・・・化学的又は電気的に溶解若しくは反応が停止するような金属の特殊な表面状態のこと。

各種クロメート処理の概要

後処理の種類 外観色調 使用条件・目的
ユニクロ 青銀白色 防錆、低価格、量産品に適する
クロメート 虹色 耐食性を重視する場合
黒クロメート 黒色 耐食性、耐候性を重視する場合

留意すべき点

工業汚染の比較的少ない田園地帯、住宅地帯、海浜地帯に対してその防錆力の優秀性が発揮できます。
工業地帯においては、とくに5~10月の高湿度時期ほど亜鉛めっきの腐食は進行しやすくなるため、際立って汚染の影響が考えられる場合には、膜厚をより厚くしたり、クロメート処理を必ず行なうことが肝心です。

クロメート皮膜の耐食性

クロメート皮膜の種類により耐食性が異なります。下記の表を参考にし、必要な処理をご選択ください。

後処理の種類 外観色調 白色腐食生成物が発生してはならない最低時間
ユニクロ 青銀白色 6時間
クロメート 虹色 24時間
黒クロメート 黒色 72時間

付加価値提案

一般的に、鉄の防錆び目的で使用され、安価なイメージの亜鉛めっきですが、亜鉛めっきに、弊社の技術力でこのような付加価値を加える事ができます。

  • 面粗さを調整する事ができます。
  • 部分的にめっき処理を施す事ができます。
  • 寸法精度を維持する事ができます。
  • 複雑な形状でも均一な皮膜を析出させる事ができます。
  • ROHS指令に抵触せずにめっき処理する事ができます。
  • 鉄以外の素材にもめっき処理をする事ができます。
  • 膜厚を測定する事ができます。

例:亜鉛めっき皮膜で傾斜を作り出す事は出来ないかなどの案件も、⇒弊社独自の技術で解決できた実績がございます。

※詳細につきましては、弊社までお問い合わせください。
また、上記以外の付加価値を加えたい場合でも、ご提案できる可能性がございますのでお問い合わせください。

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

亜鉛めっきに関するめっきQ&A

めっきQ&A一覧へ

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP