めっきQ&A


●インコ法とは?

インコ法ってどんな方法ですか。

インコ法とは、ステンレス鋼の表面に透明な酸化皮膜
を100μm~300μmの厚さに形成させ、この皮膜をコン
トロールすることにより、厚みが一定の厚みになった場
合に生ずる干渉によって特有の色を出させる方法です。

酸化皮膜を得る方法には、加熱酸化、化学酸化、電気
化学酸化法などがあるが、これらの着色皮膜は軟らか
く、強度的にも耐食的にも良好とは言えません。

これに対して、1972年、インターナショナル・
ニッケル(通称インコ社)から硬膜処理法が発表され、
皮膜を強化したカラーステンレスが得られるようになり
ました。

弊社では取り扱っておりませんのでご注意くださいませ。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP