リューブライト処理

リューブライト処理とは、化成処理であり、リン酸マンガン皮膜処理のことであり、黒色の皮膜でリン酸塩処理として「マンガン皮膜」を析出します。 黒染め処理よりも錆びにくく亜鉛めっきのクロメートと同等の耐食性があり、鋳物の材質に適してます。

めっき処理

他の呼び方
リューブ、パーカー、パーカーライジング、りん酸マンガン、リン酸マンガン、燐酸マンガン、りん酸Mn、リン酸Mn、燐酸Mn、パーカーリューブライト、 Lb
JIS H 0400
対応英語:
phosphating , phosphating treatment,luberite

リューブライト処理とは?

表面状態は、「粒子が粗く」塗装の下地としてアンカー効果があり密着性を向上させます。 また、絶縁皮膜であり電気を流れ(厚膜:12,300Ω/cm2 薄膜:2,960Ω/cm2)

破壊電圧は、厚膜状態で、170~280V・薄膜状態で、140~220Vにくくします。

膜厚は、8〜15μm厚であり、寸法精度維持したい部分にも使用出来ます。

耐熱性は、250℃付近であり、それ以上の高温で使用すると変色します。

硬度も、モース硬度で5〜6程度あり、耐摩耗性を必要とする場面でも利用が可能です。

RoHS指令にも抵触しません。



  • リューブライト処理写真
  • リューブライト処理写真
  • リューブライト処理写真
  • リューブライト処理

リューブライト処理の特長

  1. 黒染より錆びにくく亜鉛めっきのクロメートと同等の耐食性があります。
  2. 鋳物の材質に適している。
  3. 塗装の下地に適している。
  4. 電気を流れにくくする。(厚膜:12,300Ω/cm2 薄膜:2,960Ω/cm2

リューブライト処理の表面

灰色の砂目状で(ざらつきがある)光沢はありません。

硬 度 モースで5~6
破壊電圧 厚膜状態で、170~280V
薄膜状態で、140~220V

使用目的

  1. 黒染よりも錆びにくく黒くしたい場合。
  2. 塗装に対しての密着性を向上させたい製品。
  3. 耐磨耗性を向上させたい製品。

付加価値提案

リン酸マンガン皮膜に弊社の技術力でこのような付加価値を加える事ができます。

  • 面粗さを調整する事ができます。
  • 部分的にめっき処理を施す事ができます。
  • 鉄以外素材にも処理する事ができます。
  • 短納期(翌日出荷)で処理する事ができます。

例:鉄素材以外にもリューブライト処理を施したいなどの案件も、⇒弊社独自の技術で解決した実績があります。

※詳細につきましては、弊社までお問い合わせください。
また、上記以外の付加価値を加えたい場合でも、ご提案できる可能性がありますのでお問い合わせください。

  • お問合せはこちら

リューブライト処理に関するめっきQ&A

めっきQ&A一覧へ

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP