B-in®処理めっき技術

オリジナルめっき技術であるB-in®処理は、硬く耐食性に特徴があります。耐熱性部品、硬度を有する部品に適しており、食品衛生法に沿う形でめっき処理する事が可能です。

  • google
  • シェア

B-in®処理・・・硬度と耐久性を兼ねそろえた技術

  • P-in®処理写真
  • P-in®処理写真
  • P-in®処理写真
硬 度 Hv700~800(膜厚により変化)。熱処理後:Hv1000±100
耐食性 鉄上3µmの皮膜
  1. 酸性硫酸銅液 30秒
  2. 85℃エアー吹込水中2時間
  3. 塩水スプレー(5%)塩水22℃100時間
  4. 70℃、比湿度95%、1時間
  5. 450℃、空気雰囲気500℃、30分
特 長
  1. 耐熱性に優れる。(溶融点:1400℃)
  2. 耐変色性に優れる。(大気中650℃:80分で変色なし)
  3. 電気抵抗が小さい。
用 途
  1. 半導体、電子部品。
  2. 自動車部品。
  3. リード端子。
  4. 耐熱性部品、硬度を有する部品。
  5. 放射板。

B-in®処理写真

付加価値提案

ニッケル-ホウ素皮膜と弊社独自の技術の組み合わせで、このような付加価値を加える事ができます。

  • 食品衛生法に沿う形でめっき処理する事ができます。
  • 面粗さを調整する事ができます。
  • 部分的にめっき処理を施す事ができます。
  • 皮膜を硬くする事ができます。
  • 耐摩耗性を向上させる事ができます。
  • 膜厚を測定する事ができます。
  • ROHS指令に抵触せずに処理する事ができます。

例:400℃程度で使用する精密部品の、熱での変色を防ぎたいが製品の精度は崩したくないなどの案件も、⇒弊社独自の技術で解決した実績がございます。

※詳細につきましては、弊社までお問い合わせください。また、上記以外の付加価値を加えたい場合でも、ご提案できる可能性がございますのでお問い合わせください。

B-in®の皮膜特性
組 成 Ni 97~99%
B 0.3~3%
結晶構造 非晶質
密 度 8.6g/cm3
融 点 1450℃
密着性
(鉄素材に対して)
20,000~28,500psi
熱膨張係数 12µm/m/℃
電気抵抗 5~10µΩ・cm
硬 度 700~800HV(析出時)
1000~1100HV(硬化時)
  • Facebookでもご覧いただけます
  • お問合せはこちら

B-in処理に関するめっきQ&A

めっきQ&A一覧へ

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~18:00

PAGETOP

PAGETOP