バフ研磨加工処理めっき加工

バフ研磨加工処理はあらゆる金属に対応が可能です。仕上がりのめっき処理加工を行う為には、バフ研磨加工処理の出来が影響いたします。最適な研磨器具、最適な回転と技術によってた最善の研磨を行います。

  • google
  • シェア

バフ研磨加工処理とは?

布製またはその他の材料で作られた研磨輪(バフ)の周囲(表面)に種々の研磨剤などを付けて回転させて素材を研磨する方法です。

バフ研磨加工処理

1.他の呼び方
バフ、BF、バフ掛け、下地バフ、中間バフ、仕上げバフ
JIS R 6004
対応英語:
mopping , buffing , polishing

どんなときバフ研磨加工処理をするのか?

  1. 素材表面を滑らかにしたい場合。
  2. 素材表面に光沢をだしたい場合。
  3. 図面にバフの要求がある場合。
  4. バリ・面取りを行いたい場合。
  5. めっき後に光沢を出したい場合。
  6. 面粗度指定の要求がある場合。

バフ研磨加工処理できるもの

あらゆる金属に可能です。

めっき屋におけるバフ研磨加工処理の役割

「めっき」と「バフ研磨加工処理」は、一見まったく別物のように思われがちですが、実際には、両者は密接な関係にあります。光沢のあるめっきにするための素地研磨、滑り性の向上、めっき前の素地調整、機械加工時の細かなキズやバリの除去、めっき工程中の中間バフ研磨加工処理、めっき後の寸法出し、面粗さのコントロール、仕上げ研磨をはじめとして、バフ研磨加工処理によって実現が可能な事項は数多くあります。高品質な機能めっき製品を生み出す為には絶対に欠かせない工程がバフ研磨加工処理です。

めっき職人とバフ研磨職人が同じ制服で作業する強み

めっき職人とバフ研磨職人

三和メッキ工業では、各種めっき処理ラインの他にバフ研磨専用ラインを設置し、専門のバフ研磨職人達が常時作業を行なっています。 通常、加工業者様のもとから研磨業者を経て、別のめっき業者を転々とする製品の表面処理の流れが、一社の工場内で解決致します。これにより製品に関する情報共有・または情報漏洩の防止や、納期管理(短納期)・工程間の意思疎通がよりスムーズになります。
また、めっき処理側とバフ研磨加工処理側がお互いの作業内容を熟知している為、熟練のバフ研磨職人の確かな目が最適なバフと研磨器具を選定し、最適な回転数で、後処理でのめっきを前提とした最善の研磨を行なう事が可能です。

  • ISO9001に基づいた、社内の「バフ研磨加工処理基準」に則り、約35種類のバフの中から選択して研磨致します。
  • 三和メッキ工業のバフ研磨職人は、マイクロメータや面粗度計、その他測定装置を操作することが可能です。磨いた製品を感覚値だけで出荷することはございません。
  • Facebookでもご覧いただけます
  • お問合せはこちら

バフ研磨加工処理に関する技術レポート

技術レポート一覧へ

バフ研磨加工処理に関するめっきQ&A

めっきQ&A一覧へ

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~18:00

PAGETOP

PAGETOP