特性:硬さ

  • google
  • シェア

めっき処理にて硬さ(硬度)を確保することが可能となります。材質によって処理する処理が異なります。めっきの特性や素材との相性をご確認ください。

めっき皮膜の硬度は冶金学的なそれよりも高い傾向にあります。これは、電析時に発生する内部応力に起因するもので、金属、めっき溶液の種類、組成と添加剤および電解条件が影響を与えるためです。

硬度が高いめっきとして硬質クロム無電解ニッケル硬質アルマイトB-in®処理P-in®処理などがあります。硬度を上げるメリットとして「耐摩耗性の向上」がございます。

熱処理と皮膜硬度グラフ

無電解ニッケル 504.0 539.3 598.2 736.8 1038.0
テフロン無電解ニッケル 289.6 304.5 330.8 481.3 421.6
P-in®処理 714.0 723.0 720.4 756.3 661.0
B-in®処理 755.0 775.3 894.4 1052.5 625.2
硬質アルマイト 450.0 440.5 443.0 423.0 400.0
硬質クロム 1087.7 1025.1 930.0 905.0 778.9

熱処理温度(℃) 維持時間1時間

  • 測定器 :アカシ製MVK-H3
  • 荷重 :25gf(荷重時間 20秒)
  • メッキ厚 :40µm

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~18:00

PAGETOP

PAGETOP