めっきQ&A


★AM-O2とは、どのようなアルマイト処理でしょうか?

図面にはAM-O2としか記載せず、アルマイト処理を2つの
業者をお願いした所、1社は艶有りで、もう1社は艶無しで
処理されてきました。

処理記号AM-O2のみではそうなり得ますか?

どちらのアルマイト処理業者で同じ色合いにしたいと考えて
おります。

アルマイト処理業者によって加工処理方法が違うのでしょうか?

その場合、どのような処理方法に違いがあるのでしょうか?

弊社ですと、AM-O2という記号の意味が判断する
ことが出来ない状況です。

JISの規格ではございませんので、アルマイト業者
では判断することが明確に出来ません。

艶についてでございますが、仮に白アルマイト処理を
2社にて処理した場合に、処理方法が異なるために
艶が変化したと思われます。
例えばアルマイト前に化学研磨や電解研磨をするだけ
でも艶は相当変化します。

また、エッチングという処理をするのですが、その処理
の温度や濃度、処理時間等によっても艶が変化いたします。

記号だけではなく、注文書等に艶なし、ありの文言を
記載する必要もあると思います。

AM-O2というアルマイト処理を御社様にて明確
にアルマイト業者様に文書化(または注文書で)など
でお伝えしているのであれば、どちらかの処理ミスと
いうことにもなります。

AM-O2の処理が「艶有りなのか?」「艶無しなのか?」
を明確にして頂ければと思います。

また可能であれば、エンドユーザー様にAM-O2の処理が
どのような処理で、限度見本等があるのかを確認される
のが宜しいかと思います。

★アルマイト処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP