めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

タフカラー30に関するお問合せ

材質AC4C-T6アルミ鋳物にタフカラー30の処理について。

早速ですが、質問させてください。

材質AC4C-T6アルミ鋳物に硬質黒アルマイト加工処理に
ついて教えて頂きたいのですが、以前、他社さんでアルマイ
ト処理加工したものが、しばらく(1ヶ月程度)放置すると
表面が部分的に赤茶けた感じに変色する事がありました。

御社でアルマイト処理加工した場合も、この様な症状は観ら
れますか?

また、この赤茶けた変色の要因は何と考えられますか?
処理上の問題、或いは保管要因でしょうか?
アドバイス頂ければ幸いです。

弊社の事例を見ますと、今回のケースにあてはまる症
例がございませんでしたので、以下あくまでも憶測なの
ですが、硬質アルマイト、通常アルマイトともに現在ご
使用の10~15μmですと 黒色の染色にしてはやや膜厚
が薄いような印象を受けます。

弊社の場合ですと黒色の最低膜厚は30μm~を推奨しております。

薄膜のアルマイト皮膜に染色した場合、 青色をベースに
調色された黒色染料の場合は黒の中に青光りを帯びる傾
向があり、赤色をベースに調色された黒色染料の場合は
赤味を帯びる事があります。

弊社の場合は前者ですので、実際薄膜で黒アルマイトし
た場合は若干青味がかって仕上がってまいります。

今回のケースですと、膜厚が薄い事により劣化(脱色)
の進行が早まった事と、染料の成分の影響という複数の
要因が絡んだのではないかと感じました。

材質的に通常のアルミニウム材よりも不純物が多く、
硬質アルマイト時の自然発色も若干濃い(黒っぽい)で
すので、着色時の発色も本来の色味と異なるケースがご
ざいます。

対策としましては、材質を変更して頂く、アルマイト
層の厚みを厚くする、染料の濃度を業者に管理してもら
う・・・などが考えられます。

弊社では、上記の問題等の改善事例が沢山ございます
ので宜しければ試作等をご用命くださいませ。

▼タフカラー30のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP