めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

アルミ材への無電解ニッケルめっき加工処理が剥離する。

アルミ材(A5056)に無電解ニッケルめっき(Ni-P)厚さ5μmを施した製品で,
約半年程度でめっき剥がれが発生しています。

使用環境としては屋外,雨水に濡れる,異種金属(SUS)と接触している状況です。
めっき剥がれの原因および対策方法についてご教授頂ければと思います。
また、可能性でもいいのでお教えくださいませ。

以上、宜しくお願い申し上げます。


異種金属と接触している、そして屋外、雨水などが
掛かる環境は、一般的なめっき処理では腐食を
発生しやすくなります。

対策としては、

 1.どちらへも同じめっき処理を行う。
 2.めっき厚を20μm厚以上にする。
 3.装飾ニッケルクロムに変更する。
 4.下地に無電解ニッケルめっき加工処理後に硬質クロムめっき
   を厚く処理する。

などが工業用めっきでは考えられます。

気になるのは、剥離するという部分ですが、これは
めっき処理の問題が可能性としてございます。

以上、宜しくお願い申し上げます。

★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP