めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

表面処理関連の名称についてに関するお問合せ

水素脆性とは、何でしょうか?

水素脆性(すいそぜいせい)という言葉を聞いたのですが
どのような内容なのでしょうか?

一般的は、めっき処理、前処理(酸活性)にて発生
する「水素ガス」が製品自体に吸蔵される現象を指
します。

これは、めっき処理(湿式)を行った場合には、吸蔵
される水素ガスやめっき処理によっても異なりますが、
めっき処理後に「ベーキング処理」をすることにより
改善されます。

以下に詳細を記載いたします。

水素脆性(Hydrogen embrittlement)
高強度鋼において腐食反応やめっき工程で水素を吸収、
原子状水素が応力場に拡散し、鋼の延性を失わせる現象。
引張強さが1000N/m㎡(100kgf/ m㎡)以上の超高張力鋼は、
腐食反応の結果、発生した水素が原因で、数日ないし数年後
に破壊する現象で、「遅れ破壊」と呼ばれている。

大型の橋には1100 N/m㎡(110kgf/ m㎡(11T))の高力ボ
ルトが使用されるようになったが、高強度のボルトを使用
することにより、ある時間経過すると突然破壊に到る事故
がみられるようになって問題となった。

このほか硫化物が環境中に存在すると、触媒的作用により
水素を吸収しやすくなる。その結果、生じる割れは、
硫化物応力腐食割れと呼ばれている。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP