めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

P-in処理に関するお問合せ

タフラム処理が削れてくる。

当社は、装置メーカーをしておりますが、現在クランプ部分に
タフラム処理した部品を使用しており、対象ワークがセラミック
(アルミナ)1mmの為、1ヶ月程度で削られてしまいます。

御社の経験上、上記のような使用環境に耐えうる処理方法は
ありますでしょうか。以上、よろしくお願い致します。

材質はA5052材となります。

以上、宜しくお願い申し上げます。

タフラム処理の硬度がHv350〜450程度でございますので
それよりも滑り性があり、硬度が高いめっきが宜しいかと
思います。

弊社ですと、P-in処理というものがございますので
一度、試作処理をして頂き、ご評価頂ければ
幸いでございます。

P-in処理の硬度はHv600程度〜とお考えくださいませ。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

★P-in処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP