めっきQ&A


ニッケルクロムめっきはリューブライト処理上に可能ですか?

鉄素地に表面粗しを施した上でニッケルクロムめっき加工
処理を施したいのですが、リューブライト処理で表面が
荒れると聞きました。
リューブライト処理後にニッケルクロムめっきを施す事は
可能なのでしょうか?

また、リューブライト処理で耐食性は確保出来ますでしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。

鉄素地の面粗さを荒らすのであれば、リューブライト処理が
宜しいかと思います。

ニッケルクロムめっき加工処理上には、リューブライト処理を
することは出来ません。

耐食性は、ニッケルクロムめっき加工処理と同等で
ございますので、リューブライト処理だけでも
問題ないと思います。

以上、宜しくお願い申し上げます。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP