めっきQ&A


黒皮部分への四三酸化鉄皮膜処理について

SPCCの板厚9mmでレーザー溶断品に四三酸化鉄皮膜処理を
したところ、黒皮面にほとんど黒色の皮膜が付着しない状態
となりました。

機械加工面であればきれいな黒色に仕上がりますが、
板物溶断品には不適なのでしょうか?
酸洗い処理などで対策になるでしょうか?

SPCCの板厚9mmでレーザー溶断品に四三酸化鉄皮膜処理を
したところ、黒皮面にほとんど黒色の皮膜が付着しない状態
となりました。

機械加工面であればきれいな黒色に仕上がりますが、
板物溶断品には不適なのでしょうか?
酸洗い処理などで対策になるでしょうか?

------------------------------------------------

黒皮面がそのまま母材にあり、黒染メッキをいたしましても
処理をすることが出来ません。

塩酸にて黒皮やレーザー焼けなどを綺麗に除去してから
黒染メッキを実施する必要がございます。

また、梨地処理を併用する場合がございます。

黒染メッキのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP