めっきQ&A


亜鉛めっきを剥離して無電解ニッケルめっきした場合のコストについて

製品の大きさや材質によって、新しく製品を作成した方が
良い場合もございます。

あまり形状が複雑でなく、小さな製品であれば、再めっき
した方がコスト的にはお安くなります。

可能であれば図面を拝見させてください。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページは、こちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP