めっきQ&A


砂を含んだ海水を汲み上げる摺動部品に硬質クロムめっきをしたが腐食する原因は?

摺動部品の場合、引張応力が絶えず負荷されるので、
その引張応力に耐え得るめっき厚さを確保する必要が
あります。確保しないと硬質クロムめっき特有のクラ
ックが拡大され、腐食因子である「海水」が容易に母材
まで浸透してしまいます。

更に海水に砂を含んでいると、そのエロージョンにより
応力集中部であるクラックの拡大速度は倍増されます。

クロムの表層は空気中又は海水中の酸素と化合して不働
態でマイナス電位をクラック下の素材は酸素の補給がな
いので活性態のためプラスの電位を帯びて電気化学的
腐食を誘発することになります。

このような腐食は硬質クロムめっき下の素地に選択的に
進行するので蟻巣状態腐食を呈し更に素材結晶組織の
粒界腐食へと進展することになります。基盤を失った
硬質クロムめっきは、膨れたり、陥没したりして剥離
脱落となって現出する結果となります。

効果的なめっき方法としては次のような方法がよいと
思われます。
①出来る限る微細なクラックのめっき方法とする。
②引張応力が拡散するため指定のめっき厚さを半分
 ずつ2度付けする。ダブルクロムめっきです。一層目
 はナシジ処理した硬質クロムめっきが宜しいかと思い
 ます。
③摺動時の引張応力による素材の伸び縮みを抑制するため、
 150μm以上のめっき厚とする。

①~③を併用することも考えられます。

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP