めっきQ&A


硬質クロムめっきは、金型表面への耐摩耗性向上が可能か?


硬質クロムめっきにて可能です。
また、めっき前後にバフ研磨をすることで更に
向上します。

その他の表面処理は以下をご参照ください。
基本的には、窒化、硬質クロムめっきが行われてます
が物理的蒸着(PVD)による、窒化チタン(TiN)、炭化
チタン(TiC)炭窒化チタン(TiCN)、チタンアルミ複合
窒化物(TiAIN)や化学蒸着(CVD)によるDLC(アモル
ファス構造のダイヤモンドライクカーボン)皮膜が普及
し始めています。

DLC膜はビィカース硬さがHv3000以上であり、摩擦が
小さく、凝着を生じにくく、耐摩耗性が優れていること
からアルミ合金など軟質金属の加工用金型、粉末成形
金型用いられ、またガラス金型へのNi基自溶性合金の高速
フレーム溶射、炭化ケイ素(SiC)入り無電解ニッケル複合
めっきのアルミ金型へ応用されています。

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP