めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき仕様に関する質問に関するお問合せ

★アルミニウムのエッチング処理について。

アルミニウムのエッチング処理について教えてください。

エッチングとは・・・化学薬品などによって素材の表面
を厚く溶解することで、食刻とも言われております。
エッチングによって素地表面は一様に溶解して微視的な
凹凸状態になり、光沢が消失してマット状になります。

エッチング後の外観は、使用するエッチング液の種類や
エッチング条件により、また素材の材質の違いなどに
よって相当に相違が生じます。

有る見ぬ無電解ニッケルめっきは酸・アルカリの両性に
反応するのでエッチング用の溶液も両方あります。

化学的前処理法の艶消し仕上げやナシジ処理は、表面の
溶解と言う点からみれば広義のエッチングといえます。

また、同じエッチング液を用いても、濃度を薄くし処理
時間を極く短くすることで脱脂処理が出来るので、これ
らの一連の処理では溶解量によって効果が異なり、溶解
量の少ない方から脱脂、艶消し、エッチングと考えられ
ます。

この場合、脱脂は表面溶解厚さは、数μmから10μm程度
です。
装飾的エッチングでは10μm~20μm程度です。

エッチングに適する材質としては、アルミニウム純度が
99.5%以下の方が艶消し効果が著しくて用途によっては
好ましく、銅が微量含まれている材質ではエッチング性が
よく、エッチング後の処理面が微細で均一な美しい仕上げ
となります。

アルミニウム内に含まれる鉄や硅素などはアルカリ溶液
には溶解せず、処理後表面に残ります。これらを「スマット」
と称し、直ちに硝酸水溶液などで除去する必要があります。

アルミニウム純度が高い(99.7%以上)とエッチングを相当
深くしても光沢が消えがたいので目的に合わせて材質を選択
する必要があります。


(参考文献 表面処理対策Q&A 産業技術サービスセンター)

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP