めっきQ&A

  • google
  • シェア

よくあるご質問を投稿

アルマイト加工処理に関するお問合せ

アルマイト加工処理後の塗装について。

アルマイト加工処理後の塗装の概要について教えてください。
どのような方法を用いて塗装前のアルマイト加工処理を
仕上げれば宜しいでしょうか?

一般的な内容で結構ですのでお教えくださいませ。

以上、宜しくお願い申し上げます。

アルミニウムおよびアルミニウム合金の素地に防食
・美観などを目的として陽極酸化皮膜処理(アルマイト
処理)後に塗装処理したもので、JIS H 8602では、
陽極酸化塗装複合皮膜、通称:複合皮膜と呼んでおり
ます。

JISに規定する複合皮膜は、所定の陽極酸化皮膜厚さと
塗装厚さ及び塗膜の着色有無によって種類があります。

陽極酸化皮膜は発色・着色したものとしないものがあり、
塗膜は艶有り、艶消し仕上げのものがあります。

複合皮膜の処理方法は、JIS H 9502に作業標準が規定
されており、陽極酸化皮膜を生成後、さらにアクリル樹脂
系、ウレタン樹脂系、フッ素樹脂系塗料を用いて電着塗装、
浸漬塗装、スプレー塗装静電塗装により塗膜を形成する。
塗装後の焼き付け(強制乾燥)あ、それぞれの塗料に適
した条件で行います。

最も普及している処理法は、陽極酸化皮膜は硫酸皮膜
(電解着色を含む)塗装はアクリル樹脂系塗料を用いた
電着塗装です。

複合皮膜は、いわゆる無機質系皮膜と有機質系皮膜の
それぞれの特性を兼ね備えた皮膜であるため、耐候性、
耐食性に優れ、耐摩耗性なども良く、高温多湿環境に
さらされる日本の形材を主材料とする建材用途に最適
です。また、陽極酸化皮膜あるいは塗膜のいずれにも
着色できるため装飾的バリエーションも豊富です。

複合皮膜はこのような特性をもっているため、サッシ、
ドア・引き戸エクステリアなどの建材製品に広く普及
しています。

(参考文献 表面処理対策Q&A 産業技術サービス
 センター)

★アルマイト加工処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP