めっきQ&A


電気亜鉛めっきの耐熱温度について

電気亜鉛めっきの耐熱温度ですが、何度になりますでしょうか?

現在、200℃の雰囲気で使用しているのですが、
皮膜が剥離いたします。

200℃の雰囲気で耐えられるようなめっき処理が
ございましたらお教えくださいませ。

電気亜鉛めっき後にベーキングを行う場合の工程が以下です。

亜鉛めっき→190〜200℃:ベーキング→クロメート処理

よって亜鉛めっき皮膜は、190〜200℃でも剥離することは
ございません。

可能性としては、クロメート処理後に上記の温度を
掛けると亜鉛皮膜も剥離します。

耐熱性を重視するのであれば、

1.硬質クロムめっき
2.ニッケルめっき
3.無電解ニッケルめっき

が宜しいかと思います。

亜鉛めっきのページはこちらから
お問合せのページは、こちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP