めっきQ&A


●孔食

孔食とは。

局部的または点状の腐食をいいます。

金属材料の表面に安定な保護皮膜が存在する条件下で、
皮膜の欠陥箇所から腐食が起こり、これが孔状に成長
するもので、局部アノードと局部カソードが明確に分
かれていて、しかも局部カソード面積が局部アノード
面積よりはるかに大きいときに起こる。

いったん孔状に腐食すると通気差電池作用も加わって
腐食は急激に進む。塩化物水溶液中のステンレス、
アルミ合金あどで見られる。

鉄上ニッケルークロムめっき皮膜などで孔食が起こる
と腐食は素地の鉄にまで達するので、マクロクラック、
マイクロポーラスクロムめっき、多層ニッケルめっき
などで腐食電流を分散させ、また深さ方向への腐食を
防止します。

クロムメッキのページはこちらか
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP