めっきQ&A


●二層ニッケルめっき(ダブルニッケルめっき)とは?

二層ニッケルめっきとは、どのような処理でしょうか?


耐食性を向上させるために、第1層には、めっき皮膜中
に硫黄を含まない無光沢、あるいは半光沢ニッケルめっき
を付け、第2層には硫黄を0.05%程度含有する光沢ニッケル
めっきを付ける方法をいいます。

めっき皮膜が腐食環境に置かれると、光沢めっき皮膜は
無光沢あるいは半光沢ニッケル皮膜よりも卑な電位なの
で、腐食は光沢めっき層で横に広がり、素材への孔食が
防止出来る効果があります。

一般に第1層のめっきと第2層のめっきの厚さの比率は
7:3~8:2程度で第1層を厚くします。

ダブルニッケルめっきともいいます。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP