めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

テフロン硬質アルマイト加工処理に関するお問合せ

テフロン硬質アルマイト加工処理におけるアルミ素材別による皮膜色の違いについて。

A5056とA2017をテフロン硬質アルマイト加工処理する
と同一条件で色が違うのですがどういう理由でしょうか?

またアルミニウム合金の種類によりどう変化するので
しょう。

色違いが発生いたしますと製品同士を組み上げた時に
目立ってしまいます。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。


一般的な硫酸アルマイトの場合、素材の内部に入って
いる金属によって色合いが変化いたします。

A5056...グレー系の色
A2017...小金系の色

これを「自然発色」と申します。

膜厚を厚く処理していきますと、色目が濃くなります。

この自然発色がテフロン硬質アルマイト加工処理にも
発生いたします。

可能であれば同じ材質にてテフロン硬質アルマイト加工処理
をされることをお奨めいたします。

★テフロン硬質アルマイト処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP